電帳法対応ガイド

電子帳簿保存法の対応に
お悩みですか?

  • 電子帳簿保存法をどう対応すればいい?

  • ペーパーレス化を進めたいけど…

  • 経理・事務処理を効率化したい…

  • 電子証憑書類を
    クラウド上に保存、
    検索も簡単

  • AI-OCR利用で
    簡単・効率良く
    電子帳簿保存

  • クラウドだから
    外出先、自宅と
    リモート対応も簡単

「DeNCHO(KEEPER Club)」は無料体験を実施中!

今なら無料でお試し!KEEPER Club 新規登録はコチラ

クラウド証憑保管DeNCHOとは

『DeNCHO』は電子帳簿保存法(電子取引・スキャナ保存)に対応したクラウド証憑保管サービスです。注文書や領収書などの電子データや、レシートなどの紙の書類をスキャンしたデータをDeNCHOへ送信しておくだけで楽々対応できます。

『DeNCHO』は電子帳簿保存法(電子取引・スキャナ取引)に対応したクラウド証憑保管サービスです。

電帳法対応に必要な要件をAI-OCRで読取り

DeNCHOはAI-OCRにも対応しています。電子帳簿保存法では、取引日付、取引先金額の3要素で検索できるように保存しておく必要がありますが、多くの証憑の入力は手間=コストとなります。
AI-OCRオプションを利用することで効率良く証憑の保存が可能です。
現在は期間限定でAI-OCR無料提供中!ぜひお試しください。

イメージ:電帳法対応に必要な要件をAI-OCRで読取り

コレで安心の電子帳簿保存法への対応方法

電子帳簿保存法の概要と、改正が会計事務所にどのような影響を与えるか、また、顧問先へどのように対応すればよいかを解説してきます。電帳法の対応にDeNCHOをぜひ活用してください。

コレで安心の電子帳簿保存法への対応方法

DeNCHOは証憑保管のその先へ…

「DeNCHO」は証憑保管サービスですが、KEEPER Clubというクラウドサービスの1つです。 KEEPER Clubは証憑保管DeNCHO、仕訳自動作成KiCHO、財務分析CHOBO、予実管理YOJiTSUの4つのクラウドサービスです。 DeNCHOへ保存した証憑はKiCHOで仕訳変換しCHOBO、YOJiTSUで経営分析までシームレスにサポート可能な次世代統合型クラウド財務管理システムです。

「DeNCHO」は証憑保管サービスですが、KEEPERClubというクラウドサービスの1つです。

DeNCHOはβ版にてリリース

DeNCHOはまずβ版としてリリースしています。スキャナ保存のデータをアップ後も原本の証憑は破棄せず保管しておくようお願い致します。 β版としてお試し頂いた皆様のご意見をもとに機能を充実して、本リリースさせて頂く予定です。

「DeNCHO(KEEPER Club)」は無料体験を実施中!

今なら無料でお試し!KEEPER Club 新規登録はコチラ

運営会社

クラウド証憑保管ツール「DeNCHO」は、株式会社シスプラで運営しています。
シスプラは創業30年以上、財務会計ソフト・給与計算ソフトを開発メーカーとして全国に提供しています。

運営会社 株式会社シスプラ
サービス名 DeNCHO
代表者 椛澤均(カバサワ ヒトシ)
設立 昭和63年4月
資本金 8000万円
事業内容 ソフトウエア開発及び販売
URL https://www.syspla.co.jp/