会計事務所の方

これからの会計事務所に求められる『 経営支援 』

コロナ禍において、企業経営者に求められることは「借入金の返済計画と内部留保の拡充」です。会社の財務状況を把握している会計事務所も、このような経営支援が求められることは必須です。

これまでと同じ記帳代行ベースの業務体系では価格競争、顧問先の減少…事務所としても縮小となりかねません。是非、YOJiTSUを活用し付加価値サービスとして顧問先の経営支援に取組んでください。

YOJiTSUの導入で月次業務の生産性向上を実現

YOJiTSUは会計ソフトからの試算表、仕訳データを取込み、借入金・減価償却費がわかれば予算作成まで簡単に作成できます。

これまでの試算表での月次報告ではなく、顧問先企業に必要な目標利益と実績の比較を毎月提示することで過去会計から経営支援のための未来会計にシフトし、月次業務の生産性向上を計りましょう。

YOJiTSUなら…全ての会計ソフトに連動

YOJiTSUは全ての会計ソフト(予定も含む)からデータ取込みが可能です。顧問先が現在使用している会計ソフトを変えることなく「YOJiTSU」を活用することができます。顧問先が新たに会計ソフトを購入する必要もないので余計なコストもかかりません。

イメージ画像:YOJiTSUなら…全ての会計ソフトに連動

YOJiTSUなら…クラウドだから共有が簡単

YOJiTSUでは登録者の「ログインID」ともう1つ、共有するためのID「共有ID」の作成が可能です。共有IDを作成することで会計事務所は関与先経営者とクラウド上のデータをリアルタイムに共有することができます。

予実管理

予算と実績を比較して経営改善を図るYOJiTSUの基本機能です。通常予算を作成するにはある程度の時間が必要ですが、YOJiTSUなら短時間で本格的な予算作成ができます。

■ 予算作成

◎質問形式で目標予算作成が簡単
◎変動損益構成図でお金の流れを見ながら予算作成

前期会計データをもとに今期必要な目標利益から逆算した予算を自動算出します。手元資金を減らさずに借入金の返済、納税ができるための必要な売上高を明確にし、また将来に備えた繰越資金を考慮した目指すべき予算が簡単に作成できます。

■ YOJiTSU成績表

◎現状分析として単月、累積、期末の状況を直感的に判断
◎気になる部分は科目内訳で詳細をチェック

前期財務会計データの損益構成比率により目標利益から逆算した予算を最大60ヶ月分自動作成できます。借入金の返済と将来に備えた繰越資金を内部留保するために必要な目標売上が予算書として明確になります。

摘要分析

◎摘要分析で傾向と対策を深堀り
◎財務会計では見えない摘要集計による3期比較グラフを自動作成

「YOJiTSU」に取り込まれた当期・前期・前々期の全ての仕訳を解析し、入力されている摘要を自動集計します。摘要欄に記載されている商品や取引先、地域や担当者など様々な項目をキーにデータ集計し、3期の比較グラフや推移グラフを作成することができます。

資金繰り予測

◎資金繰予定表でいち早く資金不足を掴み対策を練る
◎損益予測と借入金や投資などから翌月以降の資金ショートを予測

損益計算の収益と費用は現預金の動きには関係なく経済的事実が発生した期間に計上されます。利益が出ているにもかかわらず資金不足になるなど、損益計算上の利益と手元に残る現預金が一致しないのはこれが原因です。
翌月以降の損益予測と投資等の予定登録から資金繰予定表を作成すると、将来的に起こる資金不足の可能性が早期に発見できます。事前に予測ができれば、融資の申し込みなど、資金繰りに困らないような対策が早めに立てられます。

関与先企業の現状を一覧でモニタリングできるクライアントマネージャー

会計事務所が顧問先の予実管理を進めるうえで、進捗状況の把握はとても重要です。何故なら処理の遅れは対策検討の遅れとなり、経営にとって致命傷となるからです。

そこでYOJiTSUを利用する全ての顧問先の進捗状況や予算達成度をモニタリングすることができる「クライアントマネージャー」という機能を用意いたしました。

■一覧表示、各々の会社の進捗、利益達成度が一目瞭然

クライアントマネージャーへログインすれば登録会社を一覧で確認できます。気になる会社のデータへのログインはワンクリックで可能です。

顧問先の進捗を確認し連絡をしたり、すぐにログインして財務状況を共有することもクライアントマネージャーがあれば効率よくサポートができます。

■共有IDで追加できる

すでに顧問先がYOJiTSUを契約している場合、共有IDを発行することでクライアントマネージャーへ追加することが可能です。

「YOJiTSU(KEEPER Club)」は無料体験を実施中!

今なら無料でお試し!KEEPER Club 新規登録はコチラ

KEEPER Clubで経理業務を幅広くサポート

YOJiTSUは「KEEPER Club」というクラウドサービスの1つです。

KEEPER Clubは仕訳自動作成KiCHO、財務分析CHOBO、証憑保管DeNCHO、予実管理YOJiTSUの4つのクラウドサービスで構成された次世代統合型クラウド財務管理システムです。

DeNCHOへ保存した証憑はKiCHOで仕訳変換しCHOBO、YOJiTSUで経営分析までシームレスに経営業務をサポートします。

複数社管理の企業の皆様

  • KiCHO+YOJiTSUで手間のかかる予実管理をカンタンに!

    クラウド仕訳自動作成ツール「KiCHO」で作成した仕訳データを元にYOJiTSUでカンタンに予実管理することができます。

    毎月の業務で入力した仕訳データを利用できるので、新たに予実管理用にデータを作成する必要がなく手間がかかりません。「KICHO」との連携によって効率よく予実管理を導入することができます。

    KiCHO+YOJiTSUで手間のかかる予実管理をカンタンに!

    KiCHO+YOJiTSUで手間のかかる予実管理をカンタンに

  • DeNCHO+KiCHOで証憑保存から簡単に仕訳を自動作成

    証憑保管ツール「DeNCHO」と、仕訳自動作成「KiCHO」を連携させることで証憑の保存を行うだけで仕訳を自動作成することができます。

    証憑保存から簡単に仕訳を自動作成

    KiCHO+CHOBOでクラウド会計に

  • KiCHO+CHOBOでクラウド会計に

    仕訳自動作成ツール「KiCHO」は財務分析ツール「CHOBO(チョウボ)」と連携する事で、仕訳作成から決算処理までが可能となりクラウド会計として利用できます。

    「KiCHO」は、レシート・領収書からの仕訳自動作成や、銀行明細データなどの仕訳取込みと効率良く仕訳を作成、「CHOBO」で財務分析などを行い経営改善に役立ちます。

    KiCHO+CHOBOでクラウド会計に

  • CHOBOで過去分析、YOJiTSUで未来会計を

    「YOJiTSU」で目標(未来)と現状の差異を見える化することができます。「CHOBO」で過去の財務データと比較し財務分析を行えるので、同時に使用して頂くことで過去と未来の分析によってより高度な経営分析を行うことができます。

    KiCHO+CHOBOでクラウド会計に

    KiCHO+CHOBOでクラウド会計に

会計事務所用スペシャルパックのご利用料金

スペシャルパック

    • スペシャルパック

    • 料金(税込)

    • 基本契約

    • 1GB×100 データ、スタッフ ID×5

      KiCHO、CHOBO、DeNCHO、YOJiTSUの4サービス、クライアントマネージャーをご利用頂けます。

    • 33,000円/月

クライアントマネージャーオプション

    • クライアントマネージャーオプション

    • 料金(税込)

    • 追加100データ

    • 追加は100データ単位

    • 33,000円/月

    • スタッフID(1ID)

    • 6ID目から有料

    • 1,100円/月

データオプション

    • データオプション

    • 料金(税込)

    • 共有ID(1ID)

    • 追加は1ID単位

      2ユーザー以上の同時利用で必要です。

    • 1,100円/月

    • AI-OCR(100回)

    • 契約は100回 単位

    • 1,100円/月

    • 容量追加(10GB)

    • 追加は10GB単位

    • 1,100円/月

口座振替を選択の場合、口座振替依頼書を記載し原本をご郵送頂きます。

口座振替のお支払いはお手続きの状況によってはご利用料金をまとめてお引き落としとなる場合があります。ご了承ください。

「YOJiTSU(KEEPER Club)」は今なら無料体験を実施中

「YOJiTSU(KEEPER Club)」 は新規登録から30日間は、無料でご利用頂ける無料体験をご用意しています。

証憑保管、仕訳作成、取引明細の取込みに加えて財務分析や予実管理までを体験することができます。まずは一度お試しください。

ご自分で継続利用のお申し込み(支払方法の登録)をしない限り自動解約となり、一切課金されませんので、
どうぞ安心してお試しください。

今なら無料でお試し!KEEPER Club 新規登録はコチラ